こだわり・考え

住いについての考え

新生住光の家づくり

私どもは住まう人の健康を第一に考えております。

古来から日本の住まいは木と草と土を中心とした伝統的な家造りでした。
人は自然の一部であります。樹木も自然界の中で育まれます。 人は森林浴をすることによって、安らぎを感じ、生きる力をもらえます。
これを基本として住まい造りをご提案します。


間取り

まず間取りは部屋の使用目的が大切で、自然の恩恵を如何に取り入れるかが大切です。
窓の取り方は光と風を入れることが大切です。

空気環境

風通しがよく、新鮮な空気が家の中を循環することが、健康にとても大切です。
これは、外断熱工法通気工法の採用により家中の温度差を少なくし、冬暖かく、夏涼しさを実現します。

構造

堅固で長持ちする構造=制振構造 【耐震から制振へ】

 

こだわり

素材にこだわっています

人の肌に触れる素材は出来る限り、無機質な合板等を避けて天然素材を使用する、こだわりを持っています。

例えば、合板フローリングと天然無垢オイル仕上げフローリング材との比較すると、 素足で歩いたときに、天然無垢材は暖かく感じます。お部屋でお試し下さい。お分かりいただけると思います。
これは、樹木から切り取られた木材は、呼吸、調湿をし続けているからです。生きているのです。(木がエネルギーを与えてくれていると思います)

施工例を載せておりますので是非見てください。
人の住まう空間(床、壁、天井)に出来る限りの天然素材を用い、住む人が安らぎを感じる造り付けの家具、窓枠、飾り棚、建具等を天然木でご要望に応じて製作しております。

 

長持ちして、維持にお金がかからない家造り

構造材(骨組み)は、適材適所(土台は檜、ヒバ 柱は檜または杉、梁は松)にあった太い材料を使用し、熟練した職人によってきざみ、そして建てまえを致します。
床を貼るときに根太の大きさ、間隔、床下地材(捨て張り)調湿効果のある杉板、その上に天然無垢材(オイル仕上げ)で仕上げます。
こうすることで経年しても”たるみ”も無く長く使用できます。

長持ちして、維持にお金がかからない家造り 内部工事の様子

  • 内部工事の様子

肌に触れる優しさの追求

内装仕様材(窓枠、ドア枠、階段、手すり、框(かまち)他)は全てお客様のご要望による自社工場でオリジナル製作加工し、施工を致します。
住む人の感性に応じた家具、造り付け家具もオリジナルで製作調整いたします。

 

自然の景観を大切にするこだわり

外部工事
天然木玄関ドア、ウッドデッキ、ウッドフェンス、ウッド門扉などをデザイン、製作します。

ページの先頭へ