木材まめ知識(第2回 木の不思議な力)

木材まめ知識(第2回 木の不思議な力)

with コメントはまだありません

木材まめ知識の2回目は、木の不思議な力と題して進めてみたいと思います。

健康住宅という言葉がよく使われますが、最近ビニールクロスの壁や合板の床よりも、自然素材、特に木材の壁や床が人気です。

戦後、住宅が工業製品化してからというもの、シックハウスが顕在化し様々な病気の原因となっていますが、最近ではそれを防ぐために、住宅に木材をはじめとする自然素材を使おうとする人が増えています。とっても嬉しいことです。

しかし木材の良さは単に健康に良いだけではありません。木材には人間の心や体に何か良い影響を与えてくれる不思議な力があります。多くの人が感じると思いますが、木材の持つ手触り、匂い、木目、質感は心や体にリラックスさせてくれます。もちろん科学的根拠に基づく話もありますが、私どものお客様とのやり取りでもこんな話がありました。

お客様の利府フォームの際に、リビングの床を合板床から杉の床板に変えたら、それまでご夫婦が別々の部屋でゆっくり寛いでいたのが「お互いリビングで寛ぐようになり何となく夫婦の会話も増えました」と笑顔でお話しされました!

床板を木材に変えただけでこのような環境の変化があります。これも科学的な根拠があるのかもしれませんが、私はやっぱり「木が持つ不思議な力だなあ~」と思っています。いずれにしても、木材は人間の心や体に良い影響を与えてくれることですよね!

それでは次回またよろしくお願いします。最後までお読みいただきありがとうございました。