T邸⑮ カウンター天板加工(続き)

T邸⑮ カウンター天板加工(続き)

with コメントはまだありません

昨日に引き続きカウンター天板加工の様子をお伝えします。

手書きのスケッチ(かなり下手ですけどご容赦ください)のような感じでカウンター天板を取付します。

カウンター天板に使うのは北海道産のナラです。仕上がり幅は700ミリになるので、幅が250ミリ程度ある板を3枚巾ハギ加工しました。板の反りがあるので、巾ハギの順番を(左側:木表、真ん中:木裏、右側:木表)の順にしております。一枚の幅が広い場合、反る力も大きくなるので木表、木裏を互い違いにすることで反る力を分散させる効果があります。あとは現場で取付し植物オイルを塗装すれば仕上がりです。木目もきれいに浮き上がってくると思います!

取付の様子は改めてお伝えします。ご興味ありましたら幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。