木材まめ知識(第1回 スギ)

木材まめ知識(第1回 スギ)

with コメントはまだありません

当社が愛する木材についてもっと皆様に知っていただければという思いで「木材まめ知識」を始めてみようと思います。当社が日頃扱っている木材はもちろんのこと、いろいろな樹種のご紹介を当社なりにじっくり、のんびりお伝えしていければと思います。ご覧いただく皆様もどうかじっくり、のんびりお付き合いください。よろしくお願いします。

それでは第1回は定番「スギ」からご紹介します!

スギと言えばに木材の中で最強の万能選手ではないでしょうか。私事で大変恐縮ですが、中学からサッカーをやっていてポジションはフォワード(攻撃的なポジション)でした。敢えて雑にサッカーに例えるならば、スギはゴールキーパーからディフェンス、ミッドフィルダーそしてフォワードまでやってのける万能選手のようなものです。例えが分かりづらいですね。要は木造住宅の中において、構造材から下地材、造作仕上材まであらゆる用途に対して適性が高い木材が「スギ」です!

スギ柱断面

調湿効果の特性

スギは非常に柔らかいという特性があるため空気を含みやすく、他の木材に比べて調湿作用が高い特徴があります。湿気の多い時期は水分を取り込み、乾燥時期は水分を空気中に放出します。どんな時期でも快適に過ごせるよう自然に働いてくれます。日本のジメジメとした梅雨の季節も、スギを使った家なら快適に過ごせるのではないでしょうか。

スギフローリング

リラックス効果

個人的は大好きな木材のひとつです。特にスギの匂いはすごく好きな匂いです。実際リラックス効果が高いとするデータもありますし、手触りも柔らかく温かみのある木材です。

書き始めるとどこまでも終わりなくいってしまいそうなので、今回はこの辺で終わりにしようと思いますが、下記足りないと思ったりしたら追記や補足としてここに書き足したいと思います。

それでは次回またよろしくお願いします。最後までお読みいただきありがとうございました。